テフロン板

テフロンとは蛍石から製作されたものです。

プラスチックは有機化合物と規定する考え方があります。有機化合物とは、炭素を成分に持っているものです。もっとも、テフロンはフッ素Fと炭素Cの結合体です。ですから、プラスチックともいえます。そこで、ここでは強引にプラスチックの部類に入れて話をすすめます。もしくは樹脂と呼ぶ方法もあります。樹脂は樹木から得られる液体ではないのかとしかられそうですが、合成樹脂の略だとお考えいただければと思います。

テフロンには、多くの種類があります。ここに表記されているのはPTFEとよばれるものです。(4F)と表記される方もおられます。4フッ化エチレン樹脂の略です。

PTFEテフロンは分子構造が完全な対極構造です。したがって、比誘電率は低い値を示します。つまり優れた絶縁体なのです

テフロンPTFEは他のプラスチックに比べ低い摩擦係数を持ちます。とても、滑りやすい材料です。

パーフルオロアルキル基CF3末端が整然と配置されることにより、表面エネルギーの小さい表面が形成されることになります。つまり、濡れにくい表面なのです。したがって、非粘着性であることを意味します。ひっつかない性質を持ちます。

テフロンPTFEは科学薬品に対して安定です。優れた抵抗力を示し、元素フッ素(三フッ化塩素、溶融アルカリ)金属を除くすべての薬品に対して侵されません。

テフロンPTFEは電気絶縁に優れています。高周波に対しても優れています。テフロンPTFEは広い周波数の領域に渡り、比誘電率が一定であり、誘電正接も一定であり、絶縁物と呼ばれるものの中ではもっとも小さな値を示します。

テフロンPTFEは固体の中でもっとも低い摩擦係数を示します。(摩擦係数が小さいことと、磨耗しないこととは一致した概念ではありません)

テフロンPTFEは磨耗しやすい部類に属します。これは、荷重に耐えられないことに問題があるので、こうした対磨耗を要求される場所では何らかの添加剤を加え、荷重に耐えられ、なおかつ、磨耗しにくくすることが行われています。

非粘着性をテフロンPTFEは持っています。このため、粘着剤と接したときに、離れなくなってしまうことはありません。

テフロンは常温ではあらゆる溶剤に溶けません。したがって、溶融粘土、光拡散、浸透圧法などによって測定することができません。

テフロンPTFEの融点は、327℃とされていますが、絶対値ではありません。重合したままの状態では340℃で溶融を始め、355℃で溶融します。この、状態を常温まで戻し、もう一度加熱しますと、327℃で溶融をはじめ、343℃で、完全に溶融します。このことは、融点が絶対値でないことを意味しています。ですが、この表にある製品は一度は加熱してありますので、融点は327℃と考えても正解だと思います。

ホワイトボード
テフロン在庫あります。
テフロン在庫あります。
テフロン板加工販売
テフロンプレート
厚み 1mm ・・・ テフロンPTFE板001
厚み 2mm ・・・ テフロンPTFE板002
厚み 3mm ・・・ テフロンPTFE板003
厚み 5mm ・・・ テフロンPTFE板004
厚み 6mm ・・・ テフロンPTFE板005
厚み 8mm ・・・ テフロンPTFE板006
厚み 10mm ・・・ テフロンPTFE板007
厚み 12mm ・・・ テフロンPTFE板008
厚み 15mm ・・・ テフロンPTFE板009
厚み 20mm ・・・ テフロンPTFE板010
厚み 25mm ・・・ テフロンPTFE板011
厚み 30mm ・・・ テフロンPTFE板012

ページの先頭へ